ペップの後を追っかけて---ときどき受験

ペップの後を追っかけて---ときどき受験

好きなグアルディオラ監督の話題を中心に。たまに子どもたちとの学習について語ります。

仮想通貨について調べていて思うこと

f:id:peptactics:20170317224857j:plain

最近仮想通貨について勉強しています。

 

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない

 
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

 

 仮想通貨の一つであるビットコインの話題は新聞やニュースなどにも取り上げられることが多いので関心のある人はいるはずです。

※ビットコインは仮想通貨の一部などでビットコインを勉強して全てがわかった気になるのは危険です。

 

別に投資をしようと考えているわけではないのですが、仕組みや現在の動きについては興味深いことが多いです。

 

ビットコインはSUICAなどの電子マネーと違って、中央で管理する運営者がいません。現実の通過も国・中央銀行が管理しているので、管理者がいないというのが大きな特徴の一つとなっています。

 

中央で管理しない代わりに内部の複数メンバーがそれぞれ監視することで正当性を保証しています。

 

複数メンバーが監視し合う仕組みを取っても、頭のいいメンバーや複数のメンバーが結託して不正を行うことに不安があります。(※ピザンチン将軍問題と言ったりします。)

この不安もビットコインを支える仕組みの一つのである「ブロックチェーン」の基本技術であるプルーフ・オブ・ワーク(PoW)で回避されています。

 

ブロックチェーンでは、ブロックを作成するために”マイニング”を行い難しい計算問題を解くこと必要があります。最初に解いた参加者に対して報酬が支払われることになります。このマイニングを行う業者は、現在は中国がリードしています。

 

改ざんして不正を行う場合は、改ざん時点から全てのブロックの計算をやりなおしていかなければなりません。

 

そのやり直しスピードが現行の正しい処理で進んでいるものよりも早く、そして追いつかなければ正として扱われないので、改ざんするくらいなら正しい処理をして報酬を得た方がよっぽど楽だという仕組みです。(これもマイニングを行う際に処理の早いコンピュータが出てくれば、保証されなくなるのかもしれませんが。)

 

blockchain-jp.com

 

仕組みについては、まだまだ理解しないといけないと思いますが、実際使うとなるとまだまだ問題が多いようです。

 

ビットコインを使うことができる店舗が少ないようで、1週間ビットコインだけで生活してみたという面白い実験をしている記事も発見しました。

style.nikkei.com

 

ビットコインが期待されている”取引手数料が安さ”が言われていますが、記事のタイトルにもありますが、案外手数料は”現時点では高い”というのは驚きでした。

 

また、ビットコインは50万を突破したというニュースを聞いた人もいると思います。

1日の価格変動も激しいので、”通貨”として利用するのはどうなんだろうかという思いになりました。

 

あまり変動が激しい通貨として考えた場合効率性が悪くなることが予想されるので、歴史にでてくる「撰銭令」のようなことも行う必要性がでてくるかもしれないと予想しています。

撰銭令 - Wikipedia

 

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編

 

 

決済の仕組みとして仮想通貨(ここではビットコイン)が発達していくのなら、価値の安定性が求められてくるはずです。その場合、現在のような価格変動は少なくなってくると思うので、現在のように投機対象としての魅力はなくなってくるのかもしれません。

 

新しいことを学んでも現在の現象だけを捉えるのではなく、歴史から類似の事象が結果どうなったかを学んでみると面白い意見が持てると思います。

 

仮想通貨への投資は個人の判断ですので、この記事は投資を進めるものでもありません。

また私もまだまだ学習の途中なので、理論の理解にまだまだ誤っているところがあるかもしれませんので、興味を持たれた方は自分で勉強してみてください。

一番の応援ソングはナニですか?

10月に入りましたが、中学受験生は合不判定テスト・首都圏模試などが開催されますね。

 

良い点数を取ることよりも夏に学習したことが定着したかどうか確認をしっかりしてください。

 

やはり、この時期になると模試や塾でのテストでの点数にどうしても一喜一憂してしまう機会もあるかもしれません。

 

できなかった点はしっかり反省して、やり直しをしっかりするということはもちろん重要ですが、気分転換もうまくできるように導いてあげる必要があります。

 

ゲームが好きな子であれば、しっかり時間を決めてやらせるのもよし、一緒に散歩して他愛もない話をするのもよし。

 

自分の子供たちのお気に入りは「Little Gree Monster」。

べっぴんさんの主役芳根京子さんが主演されていた「表参道高校合唱部」で聞いてからのファンです。

 

彼女たちと自分の子供たちが成長している過程が自分の中ではリンクしているので、個人的にも応援をしています。

 

Colorful Monster

Colorful Monster

 

 

www.peptactics.net

www.peptactics.net

 

Little Gree Monsterに加えて、最近のお気に入りは、今更って感じですが、AKB48の「ファースト・ラビット」です。

ファースト・ペンギンという言葉は投資の世界ではよく使われる言葉で、それをもじったものだと思いますが、最近読んだ投資本で「ファースト・ラビット」を知ることができました。

 

 

昇格期待の優待バリュー株で1億稼ぐ!

昇格期待の優待バリュー株で1億稼ぐ!

 

 

傷つくこと
恐れはしない
何があっても
怯まずに
自分の夢を探しに行く
たとえ 何が行く手を阻もうとしたって
傷つくたび
大人になるよ
涙流して
胸傷めて
それでも夢をあきらめない
最初のうさぎになろう

 

ある程度の年齢にはなりましたが、個人的にも傷つくことを恐れず、怯まずに夢を追いかけたいと改めて思いますし、子供たちの夢も出しゃばることなく、影ながらサポートしようと思える曲です。

 


AKB48 FES 2016 AKB48 チーム8 ファースト・ラビット

 

気候のいい季節にはなりましたが、気分の浮き沈みを季節でもあるので、応援ソングなどをかけながら、あとちょっとしっかり勉強しましょう。

学習がテーマ!2017年10月のビジネス週刊誌

朝、新聞の広告欄を見て、少し驚いた。

週刊ダイヤモンド、週刊東洋経済とも”学習”がテーマだったからだ。

 

最近この2誌テーマがかぶるようなことも多いのだが、受験シーズンに突入したことも意識したのか・・・・。

 

週刊ダイヤモンド 2017年 10/7 号 [雑誌] (これなら続けられる! 「独学力」)

週刊ダイヤモンド 2017年 10/7 号 [雑誌] (これなら続けられる! 「独学力」)

 

 

 

週刊ダイヤモンドでテーマともなっている”独学力”をテーマとした本は、ダイヤモンド社から出ており、本ブログでも取り上げた。

 

新・独学術――外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法

新・独学術――外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法

 

 

 

www.peptactics.net

www.peptactics.net

www.peptactics.net

www.peptactics.net

www.peptactics.net

 

コンサルタントである著者が書いたビジネススキルより教養力に重点を置いた従来のコンサル本とは、差別化された本だ。同じようなテーマとしては、同じくコンサルタントの山口周氏の著書もある。

 

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

 

子供達の受験を機会に、学び直したいと考えていた私には両書とも読み応えがあると同時に自分も同じコンサルタントをやっていたのに、伸び悩んでいた学習に対する姿勢も思い知らされた本であった。

 

独学については、前から気になっているテーマであったが、週刊東洋経済の「国語力」の方に注目したい。

 

記事は読んでいないが、国語力の重要性は最近よく感じる。

 

「何を聞かれているかわからない」「解説を読んでもわからない」ということになるので、子供が勉強する上でも国語力を上げることは重要である。

 

それだけでなく、仕事の場面でも重要性を感じる。メールの書き方、プレゼン、商談、全ては国語力に繋がっているように思える場面が多い。

 

また現在読んでいる人工知能に関する本があるが、言語を論理的に理解していないと、人工知能に対して過度な期待を抱いたりするようなことになることがわかる。

働きたくないイタチと言葉がわかるロボット  人工知能から考える「人と言葉」

働きたくないイタチと言葉がわかるロボット 人工知能から考える「人と言葉」

 

勉強することは子供だけに押し付けることはもったいないことだし、大人が率先して勉強することが子供が自発的に勉強する環境になるはずだと思い、日々勉強を続けております。

 

自分が新しいことを知ることが楽しいだけなんですが。

 

 

学園祭に行って感じたこと

f:id:peptactics:20170930143646j:plain

夏休みも明けて1ヶ月。学園祭が行われている学校も多く、見学された家族も多いでしょう。

 

説明会や見学会のような整理された非日常とは違い、同じように非日常ではあるけども混沌とした中での生徒さんの対応状況を見るのも面白いものです。

 

どこの学校が良いとか悪いとかいうわけではないのですが、私なりにいくつかの学校を回って感じたことを。

 

1.生徒さんが中心になっていて運営されている学校

伝統的な学校は生徒さんが中心に学園祭を運営されているように感じられました。

 

何か不測の事態が起きても、先生が出てくるのではなく、高学年の生徒さんが中心となって対処していました。

 

こう言ったタイプの学校にも大きく2パターンあると考えており、完全中高一貫校は中学生の姿も目立って見えました。

 

一方、高校から外部生を受け入れている学校はどうしても高校生が多くなるので、中学生が目立たないように感じました。

 

2.親や先生も学園祭の運営に積極的に関わっている学校

主に最近人気が出てきている学校は親・先生も積極的に運営に関わっているように見えました。学校によっては、OB/OGも催事をされていました。

 

大人が積極的に関わっているので、大人しめというか少し元気が感じられない気もしましたが、大人との関係もできているように思えました。

 

3.学芸会の延長線になっているような学校

今回初めて行った学校もあったのですが、外部からの参加者が少なく、学芸会の延長線に感じられた学校もありました。

それも悪いというわけではないのですが、祭事(これはしょうがないのですが)内輪ネタが多く、なかなか笑いについていけず・・・・。

 

説明会もいいですが、学園祭や体育祭のような生徒さんのなまの姿が見られる行事に参加すると偏差値や外部情報からはわからないものが見えるはずです。 

 

私個人も大学受験生のときに、長期休暇中に東京や京都に行き、志望していた大学を見に行って、自分のモチベーションを高めるとともにキャンパスを歩いている姿をイメージしたものでした。

 

www.peptactics.net

www.peptactics.net

 

 

www.peptactics.net

www.peptactics.net

 

説明会もいいけど学園祭

f:id:peptactics:20161010102833j:plain

2学期も始まり少し経ちましたが、多くの学校で学園祭が開かれています。

 

我が家も子供の学校の学園祭だけでなく、次女が受験を考えている学校で特に長女の時に行っていない学校を回っています。

 

お祭り的な雰囲気のせいか、説明会よりも生徒さんの生の雰囲気が感じられると思います。

 

お子さんもして将来この場所で自分も参加するイメージもできますし、運動部や演劇だけでなく、理科の実験もやっている学校が多いので設備の状況も確認できるだけ出なく、受験勉強でやっていることでこんな面白いことができるんだという場面も出てくるかもしれません。

 

小学生は経験がないので、将来のイメージを明確に持てる子供は多くないとはずです。

 

説明会よりも学園祭の方が楽しいイメージが湧いて、受験へのモチベーションを持てるお子さんもいるのではないでしょうか。

 

 

プレジデントFamily(ファミリー)2017年10月号(2017秋号:東大生179人の小学生時代)
 

 

 

www.peptactics.net

www.peptactics.net

www.peptactics.net

www.peptactics.net