ペップの後を追っかけて---ときどき受験

ペップの後を追っかけて---ときどき受験

好きなグアルディオラ監督の話題を中心に。たまに子どもたちとの学習について語ります。

整理は親がやる

f:id:peptactics:20161010145448j:plain

 

模試はしゃぶりつくすでできなかった問題はランク分けしていたという話をしました。

peptactics.hatenablog.com

 

peptactics.hatenablog.com

 

分けた問題をどう管理するか。

 

1.間違えた問題はコピーして、ルーズリーフに貼る

私はルーズリーフを買ってきて、模試の問題をコピーし、1問ごとに貼って管理して  いました。

 

表は問題、裏は解答。

 

まあ、これがコピーが面倒、貼るのが面倒なんですが、子供にやらせず、親がやっ  てあげましょう。

 

ただでさえ、心理的に負担が大きくなっています。模試の管理だけでなく、勉強に  直接関係のない雑多なことはこの時期は親がやってあげてもいいのではと思ってい  ます。

 

中学以上になれば、話は別ですが。

 

2.1週間おいてやってみる。

 

まずはルーズリーフに貼ったものを帰ってきた週にやってみる。1回目の復習の日付を書いておく。1週間経ったら、もう一度やってみる。

 

3.1ヶ月経ったらまたやってみる

1ヶ月経ったらまたやってみる。

 

これでAランクの問題がすべてできたら、次はB問題に移ります。

 

すべてがすべてできていたわけではないですが、基本この繰り返しだと思います。

 

4.3で正解すれば後ろに回す(ランクごとに区切って)

正解しなかったものが前にくるのでそれらを中心に復習。

特に長期の休みのときに復習すれば、弱点強化になります。

 

まず偏差値60くらいを目指すには50%以上正答率のある問題は落とさないように確実に取れるようにする。

これがきほんだと思います。

 

別にこれは私のオリジナルってわけではありません。

新・勉強の常識―成績がイイ子の親だけが知っている!

新・勉強の常識―成績がイイ子の親だけが知っている!

 

 

受験指導って実績のある方を言っていたやり方を真似ているだけです。

ただ、自分の子供の性格・習い事の状況によってアレンジはしています。

 

塾の小テストなども出来れば同じようにやればいいかと思います。

 

何度か言っていますが、うちは小テストのようなものがなかったので、塾のカリキュラムのほか、模試の解き直しを重視していました。