ペップの後を追っかけて---ときどき受験

ペップの後を追っかけて---ときどき受験

好きなグアルディオラ監督の話題を中心に。たまに子どもたちとの学習について語ります。

中学受験理科の基礎固め

f:id:peptactics:20161106152356j:plain

5年の冬休みまでは算数と国語を習得するまで、時間がかかると考え、理科・社会はほぼ塾の宿題程度のみで放置しておりました。

 

首都圏模試でもそこそこ取れていたので安心していたのですが、よくよく見ると理科の点数が安定していないのです。かなり上位の点数をとった回もあれば、偏差値50くらいの回もある。決定的だったのは、1月に受けた四谷大塚の模試。

 

基本的な問題が解けていなかったのです。首都圏模試のような素直な問題だったら解けるのですが、少し捻られると点が取れない。

 

本当の意味での基礎力がついていなかったんでしょうね。まだ時間があるとはいえ、少し焦りました。

 

そこで参考にしたのが、心の中で同士と勝手に決めていたチチさんのサイトでした。

ちょうど同じ悩んでいたときに下記の記事が。

www.chichi-log.net

塾のテキスト以外に早速、同じ問題集「丸まる要点ノート」を購入。

丸まる要点ノート理科―国立・私立中学受験

丸まる要点ノート理科―国立・私立中学受験

 

 週ごとにテーマを決め、長女の記憶の確認をしました。

記事に紹介されていた動画もよく見ましたね。

 

以上、「中学受験理科の基礎固め」という記事でした。

 

もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーに登録いただけるとありがたいです。