ペップの後を追っかけて---ときどき受験

ペップの後を追っかけて---ときどき受験

好きなグアルディオラ監督の話題を中心に。たまに子どもたちとの学習について語ります。

書評:中学受験バイブル

f:id:peptactics:20161101213023j:plain

 

中学受験BIBLE 新版

中学受験BIBLE 新版

 

 中学受験のときに子供と歩んでいく中で参考にした本です。

 

著書の弁護士の荘司雅彦先生とは一度だけお話をしたことがありました。先生が書かれた本のセミナーがあったときの話です。勉強法が私にとって、しっくりいくものでその先生が書かれた本ということで参考にさせてもらいました。

 

最短で結果が出る最強の勉強法 (講談社+α文庫)

最短で結果が出る最強の勉強法 (講談社+α文庫)

 

 第1章は娘さんとの体験記となっています。長女が同じ時期のときは気がつかなかったのですが、後になって読み返して見るとわかるわかるといった内容となっています。

 

第2章からは受験マニュアルとなっています。

 

第3条 併願校の説明会にはなるべく行こう

 

御三家などに比べて合格レベルがワンランク下の併願校では、入学問題の範囲や類似問題を教えてくれるところが、けっこうある

 

うちは御三家志望ではなかったのですが、特にレベルの高い学校の場合は私が東京の学校で感じたようにありきたりの説明が多いです。埼玉の学校も見に行ったおかげで最近の大学受験のことや最新の教育については理解ができました。

 

peptactics.hatenablog.com

 

 

peptactics.hatenablog.com

 

 

 

第6条 「できすぎ君」は気にしない

 

元から気にしていなかったことではありますが、やはり気になります。それにどうしても完璧を目指してしまうところもあります。まず大事なのは合格レベルまで持っていくこと。満点は必ずしも必要はないのです。

 

第8条 本や教材は、迷ったら買って絞り込もう

 

荘司先生のおすすめの本が記載されていますので、ご参考まで。

 

教科別の攻略法も記載されていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

以上、「書評:中学受験バイブル」という記事でした。