ペップの後を追っかけて---ときどき受験

ペップの後を追っかけて---ときどき受験

好きなグアルディオラ監督の話題を中心に。たまに子どもたちとの学習について語ります。

我が家の算数攻略法 その2

f:id:peptactics:20161101213023j:plain

 我が家の算数攻略法その2です。

その1では、計算スピードを上げることについて記事にしました。

 

peptactics.hatenablog.com

その2では、基本解法を身につけるということです。

 

大手塾に行っているお子さんではあれば、基本的には塾で使っているテキストやプリントを徹底的に復習するということでいいと思います。

 

予習よりも復習です。塾でやった内容を次の日にやってみる、1週間後にやってみるというサイクルを回していけば、いいと思います。

 

ただ、我が家が通っていた塾はテキストは大手と同じですが、あまりプリントとかテストとかなかったので演習量が足りない。次女の通っている塾はそこそこの量はありますが、3大塾は量も多いし、クラス替えテストもあるのでもっとやっていると考えています。

 

長女はわかったと頭で理解しているようですが、実際できるというのはもう1段階違うもの。

 

わかった気になる→自分一人でできる→他人に説明ができる

 

次の段階に行くのは大変なものです。

 

我が家でやったことは、基本的にはテキストを徹底させるのはもちろんですが、多少塾のカリキュラムとは外れて、負担をかけましたが、以下の問題集を使いました。

 

 

 この記事で紹介した著者が書いた問題集です。

 

peptactics.hatenablog.com

 

はしもと式「本当の算数力」が身につく問題集[小学高学年版]

はしもと式「本当の算数力」が身につく問題集[小学高学年版]

 

 

鶴亀算や植木算などに解放も重要ですが、算数の基本的な考え方を身につけるのが大事だと考えたのです。

著書を読んで感銘を受け、その方が書いた問題集なのでイケると考えていました。

 

まずは塾の宿題をやる、その次に週のノルマを決め、解かせ続けていました。

 

2周したくらいで標準問題も安定して取れるようになって来ました。首都圏模試であれば安定して8割以上は取れるようになってきましたね。

 

以上、「我が家の算数攻略法 その2」という記事でした。

 

 

peptactics.hatenablog.com