ペップの後を追っかけて---ときどき受験

ペップの後を追っかけて---ときどき受験

好きなグアルディオラ監督の話題を中心に。たまに子どもたちとの学習について語ります。

書評:中学受験は算数で決まる

 

中学受験は算数で決まる!

中学受験は算数で決まる!

 

 

「中学受験は算数で決まる!」という本のご紹介です。

配点も多い、理科にも関連するということを考えると算数を大きなウィークポイントにしないというのはわかりますよね。

 

最近読んだ本ですが、いくつか参考になる点はあると思います。

 

小学校の算数を方程式で解いてはいけない

 

子供に教えてと聞かれた場合、解くことに必死になって方程式で解いてしまう場合ないでしょうか。

 

私も最初はそう。

 

ただ、子供は小学生で移項やマイナスの概念はわかりませんので中途半端に教えて無駄になります。

 

やはり学校や塾で教えてもらっている解き方で解くのがいいのです。答え合わせとして親が使うのは別にいいと思いますが。

 

私も勉強し直しました。この本を使って。

 

中学入試 算数 塾技100 新装版 (中学入試 塾技)

中学入試 算数 塾技100 新装版 (中学入試 塾技)

 

 塾で教えている解き方が問題数も少なく網羅されているので、親が使うにはいいと思います。

 

親世代は知らない「面積図」 の考え方

 

面積図、最初はわかりませんでした。自分が受験した頃はあんまり聞いたことがないって塾に行ったことがないのでよくわかりませ〜ん。

 

しかし、慣れてくるとわかりやすいです。前に紹介したこれにも書かれています。

peptactics.hatenablog.com

 根深い計算ミスについても記述があります。

 

意外に根が深い「うっかりミス」

 

繰り上がりを忘れたりという単純なことなんで、指摘された子供も重要なことだと捉えないのでご注意を。

 

原則として「二段階暗算」は しない

 

6年生でも計算練習は続ける

 

当たり前のことですが、ミスをしないために気をつけることも記載されています。

 

先日記事にした比に関することも。

 

peptactics.hatenablog.com

 

 

なぜ「割合」と「比」で苦戦する子が多いのか

 

多くの塾でどう教えられており、その何が問題なのかという記載もあります。参考にして、この分野は苦手にしないように。

 

他にもいろいろ参考にことがあります。中身はぜひ購入して確認してください。

 

中学受験は算数で決まる!

中学受験は算数で決まる!

 

 

以上、「書評:中学受験は算数で決まる」という記事でした。