ペップの後を追っかけて---ときどき受験

ペップの後を追っかけて---ときどき受験

好きなグアルディオラ監督の話題を中心に。たまに子どもたちとの学習について語ります。

4者4様:サッカー監督から英語を学ぶ

f:id:peptactics:20161029094153j:plain

自分の英語力を強化する意味合いも兼ねて、Youtubeで監督の会見を見ています。

 

プレミアリーグでは名監督と呼ばれている監督が集まっています。私がよくみるのはやはりこの4人。マンチェスターシティのグアルディオラ監督、マンチェスターユナイテッドモウリーニョ監督、リバプールのクロップ監督、チェルシーのコンテ監督。

 

4人ともそれぞれ英語を母国語としていない監督です。監督のライセンスをスコットランドで取得、もともとは通訳でキャリアを開始したモウリーニョバルセロナの監督をした後に1年間の充電期間をニューヨークで過ごしたグアルディオラはともかく、急遽監督になった感じのあるクロップやコンテも上手ですね。

 

4者4様というか面白いですね。


Crystal Palace 0-1 Chelsea - Antonio Conte Full Post Match Press Conference

 

クラブ記録も13連勝というのもありますが、コンテ監督はイタリア人らしく陽気な会見です。

ピッチでは、激しくアクションし、規律にも厳しいので面白くない会見かと思っていました。

 


Liverpool 1-0 Manchester City - Pep Guardiola Full Post Match Press Conference

グアルディオラ監督は重要な負けた試合の後というのもありますが、いつもの様に神経質そうに手がせわしなく動きます。受け答えも聞かれたこと以外は答えないというか・・・。

 


Liverpool 1-0 Manchester City - Jurgen Klopp Full Post Match Press Conference

クロップはもともとテレビでも解説をしていたので、コメントに定評があるし、コンテ監督と同じ様に笑みを浮かべながら。

この会見はグアルディオラと同じ試合で勝った試合ですからね。

 


West Ham 0-2 Manchester United - Jose Mourinho Full Post Match Press Conference

モウリーニョ監督は、記者に対して好意をもっていないというか、面倒だけどやらないといけないから答えているって感じですね。

前と比較するとそれほど攻撃的にはないですけど、もともとメディアとは問題を起こす監督ですから。

ただ、これも選手を守るための演技という話もありますけどね。

 

TOEICや英検を受けるのもいいですが、興味のあることで英語を続けるってのはいいですね。

 

 

勉強上手

勉強上手

 

 

 

名将への挑戦状 ~世界のサッカー監督論~

名将への挑戦状 ~世界のサッカー監督論~

 

 

以上、「4者4様:サッカー監督から英語を学ぶ」という記事でした。