ペップの後を追っかけて---ときどき受験

ペップの後を追っかけて---ときどき受験

好きなグアルディオラ監督の話題を中心に。たまに子どもたちとの学習について語ります。

批判の前に共感できるところは取り入れましょう 書評:「灘→東大理III」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方

f:id:peptactics:20161010103445j:plain

ちょっと前に息子さんの恋愛について語ったことで多くの批判がでた佐藤亮子さんの著書です。

 

 

図解「灘→東大理III」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方

図解「灘→東大理III」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方

 

 

 

下克上受験でもそうですが、レベルが違いすぎて参考にできない部分はありますが、批判をせずに受け入れられるところは試してみる、アレンジしてみることが必要ではないでしょうか。

 

 

下剋上受験[文庫版] ―両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!

下剋上受験[文庫版] ―両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!

 

 

何事もできるだけ早くプロに教わる

 

本にも記載されていますが、技術の習得は早ければ早いほどいいはず。我々と違って塾の先生や学校の先生は教えるプロ。闇雲にやり方を否定せず、受け入れてみること相談してみることは必要ではないでしょうか。

 

 

peptactics.hatenablog.com

 

成績がよくても傲慢な子に育てないコツ

 

他人と比較するのではなく、自分と向き合わせることが必要といいます。

その通り!!

自分のことに置き換えてもそう思うのですが、社会に出ると給料・昇進など他人の評価にさらされることが多い。成績だけがよくてもうまくいかない場合があります。

そこで折れないためにも、自分と向き合わせることが必要と考えています。

 

基本に戻ることを恐れない

 

我が家では模試で回答率 50%以上の問題を基本と考えています。50%以上の問題ができていないということは基本ができていないこと。たとえ、5年生でも4年生レベルの問題が間違えていれば、そこに戻ることは厭いません。

 

 

peptactics.hatenablog.com

peptactics.hatenablog.com

peptactics.hatenablog.com

peptactics.hatenablog.com

ここからは我が家ではやっていなかったですが、次女の時には試してみたいこと。

 

お母さんの音読+解説で国語の成績は上がる

 

社会は母子の会話で点数を伸ばす

 

地理のサブテキストは「るるぶ」シリーズ

 

筆圧を見直すことで点数は伸びる

 

現代文対策は「出口汪現代文講義の実況中継」

 

特に現代文講義の実況中継は以前に紹介した佐藤氏の著書でも推奨されていました。

 

出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)

出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)

 

 

 

母と記載されているところは母に限らないことなんで積極的に我が家でも取り入れて行こうかと。

 

以上、「批判の前に共感できるところは取り入れましょう 書評:「灘→東大理III」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方」という記事でした。