ペップの後を追っかけて---ときどき受験

ペップの後を追っかけて---ときどき受験

好きなグアルディオラ監督の話題を中心に。たまに子どもたちとの学習について語ります。

受験で勉強したことは社会に出ても役にたつんです。再び学び直すきっかけに。書評:一生モノの受験活用術 -仕事に効く知識とノウハウ

 

一生モノの受験活用術――仕事に効く知識とノウハウ(祥伝社新書464)

一生モノの受験活用術――仕事に効く知識とノウハウ(祥伝社新書464)

 

 鎌田教授も情熱大陸に出ていましたね。

関西の予備校研伸館の講師陣が書かれた本です。

 

【目次】

第1章 勉強の基本スタイル――「一生モノ」の勉強法をカスタマイズする
第2章 世界史――「イスラム」がわかれば「世界」がわかる
第3章 日本史――原因と結果の「複眼思考」を養う
第4章 政治・経済――戦後日本の選挙制度と政党政治の関係
第5章 地理――自分の中に眠る「地理的思考能力」を開花させよう! 
第6章 数学――数字のトリックにだまされないようになる
第7章 物理――考え方の「型」と「試行錯誤」を学ぶ
第8章 化学――セッケンと細胞膜は同じ? 身近な物質の名前から性質を読み解く
第9章 国語――コミュニケーション能力を高めるための論理力
第10章 英語――受験時代の英語力を復活させる方法

 

【おすすめの人】

・受験勉強は社会で役に立たないと思っている人

・地理を単なる暗記教科と思っている人

 

【ポイント】

・受験勉強は社会でも役にたつ
実は高校で教わる内容は一生にわたり役に立つものなのです。
「コンテンツ学力」と「ノウハウ学力」
コンテンツ学力
覚えた知識がそのまま使えるのはコンテンツ学力なのです。
 
ノウハウ学力
ひとことで言うと「勉強のしかた」です。
人類の発展は「手抜き」と「楽をしたい気持ち」によって成し遂げられた、といっても過言ではありません。
 
世界の理解はイスラムが鍵を握っている(世界史)
世界史の理解、現代世界の理解はイスラムがカギを握っていると言っても、過言ではありません。すなわち、世界史は現代人の教養の必須科目であることを理解していただけると思います。
 
複眼思考を養う( 日本史)
それは、自国の歴史に触れることが、ある種の安心感につながるからです。
私たちは複雑なことを嫌い、単純に物事を捉えようとしてしまいがちです。
日本史は、複眼思考を養いながら、複雑に絡み合った原因を探っていく方法を教えてくれる格好の材料といえます。
むしろ情報量が増えすぎたことで問題が複雑化し、本質が見えにくくなっていることが多くある
 
地理の面白さ
テーマ別に無機質な知識を学んでいくことは、正直いってさほど面白いものではありません。  
地理の面白さは、目の前に広がっている景色でも良いし、目の前で営まれている生活でも良いのですが、そういうものがなぜそういうものがなぜそのように表れているのかということを、地形や気候などの情報を総動員して考えることなのです。
  
数学
世の中は本当にさまざまな数字が溢れています。その中で、どの数字が信用でき、どの数字が信用できないのか、きちんと見極める力は必要だと思います。

 

物理

「飛行機が飛ぶ理屈は完成されているが、未だにその根本原理については議論がなされている」
きちんと理解をしてから解くのではなく、ある程度基本問題が解けるようになってから理解する。この勉強法が、高校物理の入り口で苦しんでしまう人を救う唯一の手段なのです。
 
国語
相手の意図を読み取ることが最優先となる状況への対応能力が問われているわけですが、この能力こそが大学入試の国語で測られるものなのです。
 英語
多くの場合、大学受験を終えた後には、「英語力」が順調に”右肩下がり”になっていきます。

 

【感想】

仕事術や勉強法でも本を書かれている鎌田先生ですが、受験勉強も社会で役にたつという視点で書かれた本です。

一生モノの勉強法―京大理系人気教授の戦略とノウハウ

成功術 時間の戦略 (文春新書 (443))

ラクして成果が上がる理系的仕事術 (PHP新書)

 

特に地理は高校時代でも選択をしていなかったので、単なる暗記科目だと思っていました。

地形や気候などの持っている情報を駆使して、なぜそうなるか地理的な思考を身につけられれば面白いと思いました。

最近こんな本も読んでいますし。

 

経済と“世界の動き

経済と“世界の動き"が見えてくる! 東大のクールな地理

 

 

この本のシリーズは英語だけに特化した新書も出ています。

 

一生モノの英語勉強法――「理系的」学習システムのすすめ(祥伝社新書312)

一生モノの英語勉強法――「理系的」学習システムのすすめ(祥伝社新書312)

 
一生モノの英語練習帳 最大効率で成果が上がる(祥伝社新書)

一生モノの英語練習帳 最大効率で成果が上がる(祥伝社新書)

 

 

以上、「書評:一生モノの受験活用術 -仕事に効く知識とノウハウ」という記事でした。