ペップの後を追っかけて---ときどき受験

ペップの後を追っかけて---ときどき受験

好きなグアルディオラ監督の話題を中心に。たまに子どもたちとの学習について語ります。

ビブリオバトルのルール

f:id:peptactics:20170416141633j:plain

ビブリオバトルのルールです。

www.bibliobattle.jp

 

ビブリオバトル公式ルール    

(上のファイルと同様のものの再掲です)  

 

  1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.

  2. 順番に一人5分間で本を紹介する.

  3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.

  4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.

 

公式ルールの詳細

 

  1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.

    1. 他人が推薦したものでもかまわないが,必ず発表者自身が選ぶこと.

    2. それぞれの開催でテーマを設定することは問題ない.

  2. 順番に一人5分間で本を紹介する.

    1. 5分が過ぎた時点でタイムアップとし発表を終了する.

    2. 原則レジュメやプレゼン資料の配布等はせず,できるだけライブ感をもって発表する.

    3. 発表者は必ず5分間を使い切る.

  3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.

    1. 発表内容の揚げ足をとったり,批判をするようなことはせず,発表内容でわからなかった点の追加説明や,「どの本を一番読みたくなったか?」の判断を後でするための材料をきく.

    2. 全参加者がその場が楽しい場となるように配慮する.

    3. 質問応答が途中の場合などに関しては,ディスカッションの時間を多少延長しても構わないが,当初の制限時間を大幅に超えないように運営すること.

  4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.

    1. 自分の紹介した本には投票せず,紹介者も他の発表者の本に投票する.

    2. チャンプ本は参加者全員の投票で民主的に決定され,教員や司会者,審査員といった少数権力者により決定されてはならない.

 

 

なんと言っても、事前に本を読んでおく以外は事前に資料を作る必要がないのが、手軽である。

 

次女は基本的に紹介する側でなく、投票する側のみの参加を想定している。

 

また5分という時間は絶妙である。

 

単純にあらすじだけを述べるだけだと、3分程度で終了するだろう。自分の紹介したい本に引き込むために、落語でいう枕にどういった話をするか、途中あらすじを挟んで、締めをどうするかいろいろ考えると楽しい。

 

私の場合勝つためには、聴衆が妻、長女、次女になるために、慣れてくるまではビジネス本、歴史、科学などを避け、漫画や小説を取り上げる必要が ある。

 

いつもはあまり読まない本のため、気分転換にもなるだろう。

 

GWはどこもいかないので、ちょっと遅くなったが2016年の振り返りや今年度の計画なども家族会議をする予定で、そこで発表する。

 

今から楽しみ。

 

 

ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム (文春新書)

ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム (文春新書)