ペップの後を追っかけて---ときどき受験

ペップの後を追っかけて---ときどき受験

好きなグアルディオラ監督の話題を中心に。たまに子どもたちとの学習について語ります。

父親としてあかんことをやってしまった!

f:id:peptactics:20170515213946j:plain

どうも依存心が強く、周りに言われないと勉強をしない次女。

 

長女は短時間とはいえ、自分から勉強する習慣ができています。

 

しかも、勉強を始めても妻にグダグダ文句を言って一向に進まない次女。

 

本当にやる気があるのか、長女が受験をしたから自分もと思っているだけなのか、小学生にそこまで問うのは酷だとわかりつつも、仕事から戻ってみるといつものようにグダグダやっているので爆発してしまいました。

 

「やる気がないのならやめた方がいい。」「受験も大事かもしれないけど、父親としては勉強を嫌々やって将来勉強を嫌いになる方がダメだと思う。」と。

 

感情的になってはいけないことはわかりつつも、普段から私に反抗的な態度をとって話も聞こうとしない次女。

 

長女と同じように育てても、下の子でまだまだ幼いと思って、下手に出すぎたのかもしれないと思い、今日はきつめに叱りました。

 

本当は爆発する前に妻と話をすべきでしたが、妻もいつも疲れて早めに寝てしまうのでついに。

 

長女の時は主に私が勉強をみて、妻は励ます方でした。

 

次女の場合はママっこのせいもあり、普段も妻が勉強を見ており、グダグダしている時に怒っているのも妻。

 

そこで私が怒ると次女の逃げ場がなくなることもわかっていたのですが、嫌々勉強する時間がもったいなくて、言わずにはいられません。

 

グアルディオラみたいな実績を残した名監督でも、うまく行かない場合は冷静に学んで状況に対処しているのに、自分に降ってくる、家庭でのこと、仕事のことで感情を抑えることができませんでした。

 

 

グアルディオラ総論

グアルディオラ総論

  • 作者: マルティ・ペラルナウ,木村浩嗣
  • 出版社/メーカー: ソル・メディア
  • 発売日: 2017/05/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

これが刺激となってやってくれれば結果オーライですが、どこかでケアは必要になって来ました。