ペップの後を追っかけて---ときどき受験

ペップの後を追っかけて---ときどき受験

好きなグアルディオラ監督の話題を中心に。たまに子どもたちとの学習について語ります。

AIについて正しい知識を持つ「人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?」

 

 情熱大陸にも出ていたポナンザの開発者山本一成さんが人工知能を解説した本です。

 

www.mbs.jp

 

教育関連の講演会に行っても、大学入試改革と並んで人工知能を話題にならない講演はほとんど皆無だと言っても言い過ぎではないでしょう。

 

 

www.peptactics.net

www.peptactics.net

www.peptactics.net

www.peptactics.net

www.peptactics.net

 

ほとんどで言われることは。人工知能が人間の仕事を代替し、なくなる仕事も出てくるだろうということ。

 

ただ、人工知能について正しい知識を持っているでしょうか。

 

「人工知能をどのようにして「名人」を超えたのか?」を読んで、人工知能について正しい知識を持てば、過度に恐れる必要はないし、逆に人工知能が人間にとって代わるのはまだまだ先だからと極端に楽観的に考えることもなくなるはずです。

 

山本さんはポナンザの開発者なので将棋を中心として解説されています。

 

人工知能にとってチェスよりも将棋の方が難しいのは、将棋は敵からとったコマがじぶのものになったりしたり、マス目が多いためかと私も間違った考えを持っていました。

 

山本さんは難しい理由を端的に表しています。

 

そもそも将棋の何を、どのように計算していいのかわからないから、コンピュータは人間に勝てなかったのです。 

 

機械が判断する以上、計算をして評価をしないとコンピュータは処理ができないのです。

 

人間の仕事にとって代わる場合、やらせる仕事をどのように計算して、評価をしないといけないですし、「何を持って良いとするか」を明確に定義できない作業はなかなか人工知能には置き換えが難しいとも言えます。

 

このことからしばらくは人工知能に置き換わることはないと考えるのは、早計です。なぜなら、どのように計算したらいいのかわからなかった将棋も人工知能が名人に勝つ時代になっているからです。

 

この本では難しい理論にも多くは触れられていないですし、ところどころ将棋の話は出ますが、知識のない私でも読むことができました。

 

新しい概念・技術に遭遇した時に、過度に恐れることも、過度に楽観視しないためにも正しい知識を持つことは重要だと言えます。

 

目次

はじめに

【第1章】将棋の機械学習――プログラマからの卒業
将棋の名人を倒すプログラムは、名人でなければ書けないのか?
そもそも、コンピュータとは何か?
将棋を指すプログラムは、どう作るのか?
将棋における探索と評価
評価の仕組みの作り方
人工知能の「冬の時代」
人間の思考を理解するのは諦めた
なぜ、コンピュータ将棋はコンピュータチェスに20年遅れたのか?
局面数が多いから人間に勝つのが難しいわけではない
コンピュータにとって将棋が難しい理由
コンピュータにとっての将棋とチェスの本質的な違い
コンピュータ将棋での機械学習
機械学習の弱点と工夫
ポナンザの成長
電王戦
プログラマからの卒業

【第2章】黒魔術とディープラーニング――科学からの卒業
機械学習によってもたらされた「解釈性」と「性能」のトレードオフ
黒魔術化しているポナンザ
黒魔術の1つ「怠惰な並列化」
ディープラーニングで人工知能が急速に発展する
ディープラーニングのしくみと歴史
ディープラーニングを支える黒魔術、「ドロップアウト」
今、ディープラーニングはどれくらいのことができるのか?
ディープラーニングと知能の本質は「画像」なのか?
還元主義的な科学からの卒業

【第3章】囲碁と強化学習――天才からの卒業
人工知能の成長が人間の予想を大きく超えたわけ
人間は「指数的な成長」を直感的に理解できない
人類はこれから、プロ棋士と同じ経験をする
ポナンザの「守破離」
強化学習とは何か
ポナンザ流の誕生
人類の反撃と許容
アルファ碁の登場
なぜ、コンピュータにとって囲碁だけが特別なゲームだったのか?
モンテカルロ法という救世主
サイコロにも知能がある!?
モンテカルロ囲碁の成長
アルファ碁が示したこと「囲碁は画像だった」
アルファ碁の3つの武器
アンサンブル効果
科学が宗教になる瞬間
天才からの卒業

【第4章】倫理観と人工知能――人間からの卒業
知能と知性
「中間の目的」とPDCAで戦う人間の棋士
「目的を持つ」とは意味と物語で考えるということ
人工知能はディープラーニングで知性を獲得する
ポナンザ2045
人工知能は人間の倫理観と価値観を学習する
シンギュラリティと「いい人」理論

おわりに

【巻末付録】グーグルの人工知能と人間の世紀の一戦にはどんな意味があったのか?
人間を超えたアルファ碁は、どのようにして強くなったのか
アルファ碁はたくさん手を読んでいるのではなく、猛烈に勘がいい
読んでいない手を打たれると途端に弱くなる? アルファ碁の攻略法を探る
人類に残されたのは、言葉と論理。アルファ碁が示した人工知能の可能性とは