ペップの後を追っかけて---ときどき受験

ペップの後を追っかけて---ときどき受験

好きなグアルディオラ監督の話題を中心に。たまに子どもたちとの学習について語ります。

山脇学園を見学したその足で淑徳与野 淑煌祭参加

山脇学園を訪問したその後、ちょうど淑徳与野の文化祭淑煌祭があったので、参加してきました。

 

www.peptactics.net

 

長女の時は第三志望で通うことも考えていたものの、学校説明会以外では初めての訪問です。

www.shukutoku.yono.saitama.jp

 

 

www.peptactics.net

www.peptactics.net

 

正直言うと長女の受験時の印象と少し違いました。

 

印象が違った理由を自分なりに分析すると以下の通りです。

 

・当時は建設中だった高校側の校舎が完成していた。

・上記にも関係するが、淑徳与野は中学生は3クラスです。高校から入学する生徒さんが多く、同じクラスにはならないのですが確か全9クラスになります。

 

豊島岡など外部進学生はいますが、内進生よりかなり少ない生徒数です。しかし、淑徳与野は外部進学生が多い。かつ高校生の生徒数が多く、中学生が目立たない印象です。

 

吉祥女子なんかも高校生の方が目立っているのですが、中学生の生徒数とほぼ同じ数ですし、部活などでも高校生と中学生がうまくやっているように思います。

 

実際に確認してみないとわかりませんが、淑徳与野では中学生と高校生が部活は一緒にやっていないのかも。

 

いい悪いの問題ではなく、好みの問題だと思うのですが、自分よりかなり年が離れた先輩が身近にいると言うのはいい経験になると考えています。

 

高校生が中心なので、地元の高校の学園祭にも似たような印象を受けました。

 

兄弟がいる家庭はお兄ちゃん、お姉ちゃんの時に訪問した学校は知っているからいいやと思いがちですが、年月も経っていて受ける説明内容も違いますので訪問することをお勧めします。

 

 

 

 

 

小学校6年間の算数が1冊でしっかりわかる本

小学校6年間の算数が1冊でしっかりわかる本