ペップの後を追っかけて---ときどき受験

ペップの後を追っかけて---ときどき受験

好きなグアルディオラ監督の話題を中心に。たまに子どもたちとの学習について語ります。

知識があると街歩きも楽しい タモリさんに学ぶ

7月に入ってからは、ブラタモリも埼玉県が対象になることが多く、案外自分も知らないことが多く楽しんで見ています。

www.nhk.or.jp

 

地理だけでなく、歴史や地学にも詳しいタモリさんは持っています。知識を持って街を歩いて見ると他の人が気づけないところにいろいろな発見があります。

 

 

ブラタモリ 7 京都(嵐山・伏見) 志摩 伊勢(伊勢神宮・お伊勢参り)

ブラタモリ 7 京都(嵐山・伏見) 志摩 伊勢(伊勢神宮・お伊勢参り)

 
ブラタモリ 8 横浜 横須賀 会津 会津磐梯山 高尾山

ブラタモリ 8 横浜 横須賀 会津 会津磐梯山 高尾山

 
ブラタモリ 5 札幌 小樽 日光 熱海 小田原

ブラタモリ 5 札幌 小樽 日光 熱海 小田原

 
ブラタモリ 4 松江 出雲 軽井沢 博多・福岡

ブラタモリ 4 松江 出雲 軽井沢 博多・福岡

 

 

 

タモリさんが楽しそうに街歩きをしているのを見ると知識は私が主張する「食っていける」ためだけでなく、生活に彩を与えてくれることがわかります。

 

www.peptactics.net

 

www.peptactics.net

www.peptactics.net

 

大宮の参道や街歩きはしたことはありますが、同じように歴史を感じることはできませんでした。

 

もちろんタモリさんが持っていない知識もありますが、そこは案内人が補助や問いかけをすることによって気づくこともあります。

 

タモリさんは知っていないことでも、持っている知識を使いうまく類推して答えてしまいます。

一方アシスタントの近江アナは最近はうまく知識を使えて答えることが多くなってきましたが、最初はイマイチ。

 

単に知っているだけでなく、知識をうまく道具として使うということがこれから生きていく上で必要とされますし、同じものを見ても違ったことを考えられる材料になるのでしょう。

 

考えてみれば、タモリさんは瞬間的な爆笑をとるように、細かい観察からよく気づくなという部分を切り取ってデフォルメする笑い。芸風にも出ているんですね。

 

 

タモリ論 (新潮新書)

タモリ論 (新潮新書)

 
タモリと戦後ニッポン (講談社現代新書)

タモリと戦後ニッポン (講談社現代新書)