ペップの後を追っかけて---ときどき受験

ペップの後を追っかけて---ときどき受験

好きなグアルディオラ監督の話題を中心に。たまに子どもたちとの学習について語ります。

こんな言葉を子供にかけたい「Giant Killing 44」

 

GIANT KILLING(44) (モーニングコミックス)

GIANT KILLING(44) (モーニングコミックス)

 

 Giant Killingの最新刊44巻が発売されました。

 

Giant Killingにおける中ボス(?)天才持田選手がいる東京Vとの東京ダービーです。

43巻の最後には、勢いに乗りかけたところ前半終了間際に得点を奪われたシーンで終わりました。

ただ、ハーフタイムにもう一人の主人公である椿選手の表情が満足気なのが印象的でした。

 

44巻は巽監督がロッカーで選手に声をかけるところから始まります。

 

「前半見えてた世界よりも高いレベルに自分を引き上げろ」

「今のお前らの成長速度なら東京Vとの差なんて余裕で埋められる」

「それでももしテメエの可能性をそこまで信じられない奴は、俺のことを信じろ」

「お前らならできる。俺はそれを知っている」

「何を隠そう、俺がこのクラブの監督をやってんのって、お前らがギュンギュン伸びていくのが、面白くって仕方がないからだかんね」

 

こんな言葉をかけられると選手はやらないわけにはいかないでしょう。

 

子供にこんな言葉をかけるのは恥ずかしくて、なかなかできません。

しかし、赤ん坊の頃から少し喋った、歩き始めた・・・・そんなことで一喜一憂したと思います。

 

小学校高学年以降はなかなか成長に気づくことができなくなっていますが、勉強に限らず、子供たちがギュンギュン伸びていく姿を見るのは親にとっては楽しいものです。 

 

www.peptactics.net

www.peptactics.net

www.peptactics.net

www.peptactics.net