ペップの後を追っかけて---ときどき受験

ペップの後を追っかけて---ときどき受験

好きなグアルディオラ監督の話題を中心に。たまに子どもたちとの学習について語ります。

仮想通貨について調べていて思うこと

f:id:peptactics:20170317224857j:plain

最近仮想通貨について勉強しています。

 

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない

 
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

 

 仮想通貨の一つであるビットコインの話題は新聞やニュースなどにも取り上げられることが多いので関心のある人はいるはずです。

※ビットコインは仮想通貨の一部などでビットコインを勉強して全てがわかった気になるのは危険です。

 

別に投資をしようと考えているわけではないのですが、仕組みや現在の動きについては興味深いことが多いです。

 

ビットコインはSUICAなどの電子マネーと違って、中央で管理する運営者がいません。現実の通過も国・中央銀行が管理しているので、管理者がいないというのが大きな特徴の一つとなっています。

 

中央で管理しない代わりに内部の複数メンバーがそれぞれ監視することで正当性を保証しています。

 

複数メンバーが監視し合う仕組みを取っても、頭のいいメンバーや複数のメンバーが結託して不正を行うことに不安があります。(※ピザンチン将軍問題と言ったりします。)

この不安もビットコインを支える仕組みの一つのである「ブロックチェーン」の基本技術であるプルーフ・オブ・ワーク(PoW)で回避されています。

 

ブロックチェーンでは、ブロックを作成するために”マイニング”を行い難しい計算問題を解くこと必要があります。最初に解いた参加者に対して報酬が支払われることになります。このマイニングを行う業者は、現在は中国がリードしています。

 

改ざんして不正を行う場合は、改ざん時点から全てのブロックの計算をやりなおしていかなければなりません。

 

そのやり直しスピードが現行の正しい処理で進んでいるものよりも早く、そして追いつかなければ正として扱われないので、改ざんするくらいなら正しい処理をして報酬を得た方がよっぽど楽だという仕組みです。(これもマイニングを行う際に処理の早いコンピュータが出てくれば、保証されなくなるのかもしれませんが。)

 

blockchain-jp.com

 

仕組みについては、まだまだ理解しないといけないと思いますが、実際使うとなるとまだまだ問題が多いようです。

 

ビットコインを使うことができる店舗が少ないようで、1週間ビットコインだけで生活してみたという面白い実験をしている記事も発見しました。

style.nikkei.com

 

ビットコインが期待されている”取引手数料が安さ”が言われていますが、記事のタイトルにもありますが、案外手数料は”現時点では高い”というのは驚きでした。

 

また、ビットコインは50万を突破したというニュースを聞いた人もいると思います。

1日の価格変動も激しいので、”通貨”として利用するのはどうなんだろうかという思いになりました。

 

あまり変動が激しい通貨として考えた場合効率性が悪くなることが予想されるので、歴史にでてくる「撰銭令」のようなことも行う必要性がでてくるかもしれないと予想しています。

撰銭令 - Wikipedia

 

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編

いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編

 

 

決済の仕組みとして仮想通貨(ここではビットコイン)が発達していくのなら、価値の安定性が求められてくるはずです。その場合、現在のような価格変動は少なくなってくると思うので、現在のように投機対象としての魅力はなくなってくるのかもしれません。

 

新しいことを学んでも現在の現象だけを捉えるのではなく、歴史から類似の事象が結果どうなったかを学んでみると面白い意見が持てると思います。

 

仮想通貨への投資は個人の判断ですので、この記事は投資を進めるものでもありません。

また私もまだまだ学習の途中なので、理論の理解にまだまだ誤っているところがあるかもしれませんので、興味を持たれた方は自分で勉強してみてください。